プロバイダー乗り換えって何?!

プロバイダー乗り換えって何?!

日頃からインターネットをやっていると思いますが、プロバイダーって言葉を聞いたことはありますか? ない方に少し説明をしますね。

インターネットに接続するには、回線と呼ばれる光回線やADSLなどがあります。それとは別にインターネットへ接続してくれる業者の事を「プロバイダ」または「プロバイダー」と呼びます。

2015年以前までは、フレッツ光回線でプロバイダーとは別契約をしていました。そのために、フレッツ光はそのままでプロバイダーのみを乗り換える事が可能だったのです。

この事から、プロバイダー乗り換えという言葉が出来たのですね。

NTT東日本・NTT西日本からサービス提供されてるフレッツ光を回線として、それとは別にプロバイダーを契約するわけです。例えば、「OCN」「So-net」「Biglobe」「nifty」「DTI」などなどとプロバイダー契約をします。

プロバイダー乗り換えをする場合は、既にフレッツ光回線が開設されているので、新たに回線工事をする必要はありません。事務処理のみでプロバイダーを乗り換えることが出来ます。

時代も移り変わり、フレッツ光回線とプロバイダーの契約をする「withフレッツ」の契約も少なくなり、光コラボレーションやドコモ光のサービス充実により契約する人が移り変わりました。

また、2019年からは事業者変更が出来るようになり、事実上のフレッツ光回線をそのままにプロバイダー乗り換えが多岐に渡って出来るようになりました。

転用によるプロバイダー乗り換え

フレッツ光回線を転用して、プロバイダーを他社へ乗り換えるわけですが、フレッツ光回線をそのまま他社へ転用してプロバイダーとフレッツ光を一体でサービス提供することを転用するといいます。

要するに、フレッツ光をそのまま転用で光コラボレーション事業者または、ドコモ光事業者と契約するということです。型的には、フレッツ光回線をそのままにプロバイダーのみを乗り換えてるように思えます。

契約上の問題で、フレッツ光をNTT東日本・NTT西日本から光コラボレーション事業者またはドコモ光事業者へ運営者が変わるということです。と同時にプロバイダーもその光コラボレーション事業者または、ドコモ光事業者が運営してるプロバイダーの乗り換えをするということになります。

事業者変更によるプロバイダー乗り換え

事業者変更も転用に似てるところはあります。事業者変更の場合は、名前の通りに光コラボレーション事業者が変わるということです。今までならば、光コラボレーションで他社に乗り換える場合は、必ず工事が必要でした。

その当時、こんな疑問が沸きあがりませんでしたか?「同じフレッツ光回線を使ってるのに、なぜ工事をしなければならないのか。フレッツ光回線を取り外して、またフレッツ光を設置する工事をするのって無駄じゃないのか」など。

しかし、これからは事業者変更という手続きだけで事務処理によって変更が出来るようになりました。フレッツ光回線をそのままに、他社へ光コラボレーション事業者を乗り換える事が可能となったのです。ドコモ光事業者でも同じく可能となりました。

まとめ

プロバイダー乗り換えとは、フレッツ光回線をそのままにプロバイダーのみを他社へ乗り換える行為を言う。または、フレッツ光回線をそのまま他社へ転用および事業者変更によって事業者を乗り換えることを言う。

なぜプロバイダー乗り換えは、フレッツ光限定なのかと言うと、他社の光回線ではプロバイダーのみを乗り換えることが出来ないからです。このプロバイダー乗り換えはNTTフレッツ光の特権であります。