プロバイダー乗り換えのお得なタイミングとは?!

プロバイダー乗り換えのタイミング

あのね。プロバイダーを乗り換えるタイミングって知ってる?! よくある話では、引越しをしたからそのついでにプロバイダーも乗り換えたとか。パソコンを買い替えたからプロバイダーを乗り換えたという話はありますが、実際のところはどうでしょうか。

そこで通常、プロバイダーの契約は2年が基本です。たまに、3年契約の場合もありますが、多くのプロバイダーは2年契約をしてきます。プロバイダーとの契約が切れるときこそがプロバイダーを乗り換えるタイミングと言えそうです。

2年契約を例にとると、利用開始日から数えて「25ヶ月目」か「26ヶ月目」に乗り換えるのが良いとされている。普通、2年契約なんだがら24ヶ月目ちょうどに乗り換えると思うけど、それだと損をしてしまいます。

プロバイダー契約の仕組みについて

上の図を参考にしてもらいたいのですが、プロバイダーの契約は基本的に2年契約が多く2年毎に乗り換えるのが基本とされています。なぜかと言うと、それ以外の年月に解約をすると違約金が発生するからです。

2年契約の2年とは何かと言うと最低でもそれぐらいは利用してほしいというプロバイダーとの約束です。契約をする時に、プロバイダー側と「最低利用期間」が設けられ2年契約だと2年間の最低利用期間になるのです。

契約をするときにプロバイダー側と2年契約を結んだら「最低利用期間」にも了承したことになるのです。そのために、途中解約をすると契約違反となり、違約金が発生する仕組みになっています。

この「最低利用期間」のことを別名で「縛り」とも言います。2年間の縛りにあうからそう言われるようになったようですね。

解決策:2年契約なら25ヶ月目、26ヶ月目に解約すべし!

プロバイダー乗り換えでの違約金を発生させないためには、契約期間に解約しないことです。途中解約をすると必ず違約金が発生する契約になっているので、こればかりは仕方がありません。

違約金を払わずにプロバイダー乗り換えをするには、2年契約明けの25ヶ月目か26ヶ月目に乗り換えるのが良いでしょう。

まとめ

プロバイダー乗り換えをするタイミングは、2年契約なら契約満了後の25ヶ月目か26ヶ月目に乗り換えるのが良いということです。これで違約金を支払うことなくプロバイダー乗り換えができるはずです。

しかし、どうしても途中解約をしなければならない時は、仕方がありませんが違約金を払ってでも乗り換えましょう。その代わりですが、他社で違約金や撤去費用を還元してくれるキャンペーンをしてるプロバイダーもあります。そういったプロバイダーに乗り換えをすれば、お得になりそうですね。